資産型サイト構築戦略を考える – 長期間安定してアフィリエイト収入を得る1つの方法

シェアしていただけると嬉しいです


資産型サイトと呼べるには、長期間安定して収益を得ることができるサイトでなければなりません。そして、収益源は主にアフィリエイトになります。

サイト構築方法には色々ありますが、資産型サイトを構築するにはどの手法がベストなのか考えてみました。

資産型サイト構築方法

代表的なアフィリエイト手法であるブラックハットとホワイトハックの比較をし、ペラサイトとパワーサイトの比較をすることでサイト規模についても考えてみたいと思います。

アフィリエイト手法の比較:ブラックハット vs ホワイトハック

アフィリエイト手法には、バックリンクを自作自演で送って検索エンジンの評価を意図的に上げる「ブラックハット」と、サイトコンテンツを充実させることで検索エンジンの評価を自然に上げる「ホワイトハック」と言う大きく分けて2つの方法があります。

ブラックハット手法は、検索エンジンの特徴を捉えて意図的に評価を上げる手法なため、検索エンジンのアルゴリズム(仕組み)が変わると効果が無くなってしまったり、手動ペナルティを受けてしまったりするリスクが高くなります。

一方、ホワイトハック手法は、コンテンツの質を上げてユーザーに有益な情報を提供することでサイトの評価を上げる手法なので、ペナルティを受けたりサイトが飛んだり(検索順位後退)するリスクも低くなります。

これらの2つの手法を比べると、資産型サイトとして適切なのはホワイトハック手法だと言えるでしょう。ブラックハット手法だと安定性に欠けるので適切ではありません。

ただし、ホワイトハック手法はサイトの評価が上がるまで時間がかかると言う欠点があります。質の良いコンテンツで評価を少しずつ積み上げていくので急に検索順位が上がることは困難と言えるでしょう。

サイト規模の比較:ペラサイト vs パワーサイト

サイトの規模についても、特定の検索キーワードに的を絞った数ページのサイトを構築する「ペラサイト」や、特定のジャンルを網羅的なキーワードで数百ページのサイトを構築する「パワーサイト」などがあります。

ペラサイトはサイト規模が小さいのであまり検索エンジンに評価されないと思われるかもしれませんが、特定のキーワードにおいてユーザーの得たい情報を必要最小限に的確に提供することで、意外と上位表示される場合があります。また、ペラサイトは多くても数ページなので数時間で作れるメリットもあります。

ペラサイトは効率よく収益を得られるという反面、ページ数が少ないのでブラックハット手法を用いる必要があり、適切なキーワードを選定するための能力も必要になっています。また、試行錯誤を要するため、数多くのサイトを作る必要があります。

パワーサイトは特定のジャンルの数百の記事から構成されているサイトで、一つ一つの質の良い記事が集まることでサイト全体の評価を上げることができます。

数百の記事から構成されるので、サイトが完成するまでに時間と労力がかかりますが、サイト全体に多くのキーワードを含んでいるので検索エンジンに補足されやすく評価が安定するメリットがあります。

アフィリエイトとしてどちらが良いか一概に言うことは難しいですが、資産型サイト構築で用いるホワイトハック手法と相性が良いのはパワーサイトになりそうです。

アイデアハック

ユーザーに有益な情報を含んだコンテンツ重視の記事を数多く含んだサイトを構築することを念頭にサイトを作成していこうと思います。

シェアしていただけると嬉しいです

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

feedly2 push7

follow us in feedly


この記事をお届けした
アイデアハックの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!