AppleTVではなくChromecastを買った理由 – dビデオを観るまで

シェアしていただけると嬉しいです

0B8F8A7D-20EA-4A13-81E6-4CC56F748D6F

ChromecastとAppleTVの比較

ChromecastとAppleTVの仕様の違いをまとめてみました。

ChromecastとAppleTVの仕様
仕様 Chromecast Apple TV(第3世代)
定価 (税別) 4,200円 9,800円
外形寸法 (縦×横×高さ) 72×35×12mm 98×98×23mm
重量 34g 272g
最大解像度 1080p
映像出力 HDMI
音声出力 HDMI HDMI、S/PDIF
専用リモコン ×
無線LAN 802.11b/g/n(2.4GHz) 802.11a/b/g/n(2.4/5GHz)
有線LAN ×
Bluetooth ×
Miracast × ○ (AirPlay)
CEC ×
電源 USBケーブル AC電源内蔵

最大解像度はどちらも1080pで同じになっています。

LAN関連はAppleTVが有線LAN(10/100BASE-T)に対応するのに対し、Chromecastは無線LANのみサポートしています。

Chromecastの少し残念な点として、2.4GHz帯の無線LANにしか対応していないところです。(802.11nも2.4GHzのみ対応)

最近は、混雑している2.4GHz帯を避けて802.11nの5GHzを利用する傾向になっていることを考えると、5GHzにも対応して欲しかったですね。

Chromecastの電源はUSBからの給電になります。

最近のTVにはUSBポートが搭載されていることが多いので、空いているUSBポートに挿せばOKになります。

USBポートが無いTVでは、付属のAC電源アダプターを使います。

Chromecastの大きな特徴として、CEC(Consumer Electronics Control)に対応している点が挙げられると思います。

CECとは何かというと、機器間で制御信号をやり取りできるようにしたHDMIの規格です。

ChromecastはCECに対応しているので、TVの電源が切れていても、ChromecastからTVの電源を入れることができます。(この機能はChromecastに電源が供給されている必要があります。電源をTVのUSBからとっている場合で、TVの電源を切るとUSBの電源も切れる仕様になっているTVでは、この機能は使えないので注意が必要です。)

アプリからキャストをすればTVの電源も入力切り替えも自動でChromecastがやってくれるので、結構便利な機能です。(わざわざTVの電源を入れる操作が不要)

Chromecastを買ってみた

E9B3D32D-4A96-41F2-9096-A91BACF0ABF5 766AF912-F268-4EFA-A90B-B9DE2F895FE4 20EF8DFD-ED14-40BB-BF08-4476841C560B C88780AA-0F5C-416D-B78A-5CD02293826E 8A6107CC-3748-4BD3-981F-F397A5538082 909B8991-AB06-4BE4-9144-3921862FCD3D C3478747-98EF-4DAE-B08E-D483DC02E746 B389E99C-35B7-48D1-9FBE-218288B78B04 D112CD90-3063-4E26-B34F-7C2F8DBC93D9 49EA3FE1-1013-4ABA-85E3-93F37B012989

Chromecastの設定方法

Chromecastの設定はとても簡単です。

まず、ChromecastをTVのHDMI端子とUSBポートに挿入します。(TVのUSB端子から給電する場合)

そして、TVの入力切替を操作してChromecastが接続されているHDMI入力を選択します。

そうすると、以下の画面が表示されるはずです。

5BF34098-40ED-4FC7-BF82-E725DED2AF6E

その後の設定は、下記にアクセスしてインストールしたアプリから行います。

» chromecast.com/setup

ここでは、iOSアプリからの設定で説明します。

E011D2BA-4A60-48ED-A934-9C7BBE7C9735

「同意する」を選択します。

1D29B1EB-FB72-41C6-97CB-C7953512662E

「新しいCHROMECASTのセットアップ」を選択します。

8C35A015-156B-4DE8-9886-96309E773498

ここで、Wi-Fiを使用してChromecastと接続します。(一度設定が完了するとChromecastからのWi-Fi出力は無くなります。)

5CE5BF48-3B56-4829-9DDA-BD891AEF8787

Chromecastとの接続が完了すると、TVとのリンクと設定を行います。「次へ」を選択します。

3B6C6DF5-9CFF-4D75-9B4E-4C6B12D44889

56D29E00-0F03-4F31-8257-8D1883A40674

TVとのリンクはアプリで表示される4桁の英数字がTVにも表示されたら完了です。

TVとのリンクが成功すると、次は言語の設定とChromecastが利用するWi-Fiの設定をします。(Chromecastはここで選択したWi-Fiを利用してネットにアクセスします。5GHz帯のWi-Fiには対応していないので表示されず選択もできません。)

すべての設定が完了すると、場合によってはChromecastが再起動されて準備完了です。

試しにdビデオにアクセスすると「Castボタン」が表示されるようになっているので、これをクリックします。
すると、TVにdビデオが表示されました。

14D912DB-A34C-41DC-BF44-B5F99E5F27D0 E4DA4B2B-0C28-4E60-888A-443C9A44E530

シェアしていただけると嬉しいです

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

feedly2 push7

follow us in feedly


AppleTVではなくChromecastを買った理由 – dビデオを観るまで
この記事をお届けした
アイデアハックの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!